自分の合った婚活をするために

スマホ対応婚活結婚するために必要な行動とは

トップページ » 自分に合った結婚相談所

自分に合った結婚相談所選び

以前は結婚相談所に行くことは恥ずかしくて、誰にも言えない人が多かったと思います。ところが今は「婚活」という言葉が当たり前に聞かれ、それ程抵抗を感じることがなくなりました。 巷には結婚相談所や合コンのような婚活イベント会社が多くあります。出会いがないだけで異性と話すことに抵抗があまりない人は、合コンのようなところでもチャンスはありそうですが、そうでない人はやはり結婚相談所がお勧めです。

結婚相談所では担当スタッフが付いて、話をしっかり聞いてくれたり、いろいろな面でアドバイスしてくれたり、1日も早く良い相手に巡り会えるように熱心にサポートしてくれます。このようなきめ細かいサービスが1番の良い点です。しかし中には担当の顔を見たことないとか、コロコロ担当が変わるなど、あまりお勧め出来ない相談所もあるようです。なのでまずは資料を請求したり、また実際に出掛けて話を聞いてみることが得策だと思います。後ネットの口コミなども役に立ちます。

結婚相談所と言えば、費用が高いイメージがあります。実際に決して安くはありません。入会時にまとまった金額を支払うところもあれば、成功報酬型といって結婚する相手が見つかったらまとまった金額を支払うという場合もあります。また出来る限り費用を抑えたいという人は、市や県で運営しているところもあるので、利用してみるといいです。

一度に多くの異性にアピールが可能

実は最も結婚相談所が優れているのは安全性、セーフティーだという事なのです。そして、安全という事が結婚が決まり易いという事とリンクしています。相談所では、仲人さんが交際状況を把握して、期間を決めてある程度の結論を出していきますが、それこそが、成婚という事に於いて最も必要な事なのです。

成婚率は高める為には、2人3人と同時交際する事は構いませんし大切な事ですが、日常ではいけない事ですし倫理的に許されない事です。ただし、誰かがその交際状況を把握した下に差配し進行して初めて、安全性が担保される訳で、その状況下に於いてのみ許される訳です。相談所では、同時交際しながら、ある程度、この人とだけと気持ちが固まったら仲人さんに報告をして、お互いに交際マークを付けてという流れです。

ところが、これが、結婚情報サービスでは出会い系サイトのように誰も交際状況を把握していませんので、10股でも、誰にも怒られません。あくまで本人同士の問題、自己責任です。ですので、トラブルは非常に多くなりますし、結婚自体が決まりにくいのです。決められた交際期間に関しても、相談所では、期間を決めてお互いを真剣に見ていくから結婚が決まる訳ですし、仮に駄目になるにしても、早めに結論が分かって、トラブルになりにくい訳です。

これが、情報サービスですと、4年付き合ったけど結婚しませんでしたなどという例は珍しくありません。お互い合意の上の自己責任とはいえ、なんだか悲しい話です。世の中には多数の結婚相談所があります。比較サイトや紹介サイトもありますが、業者の立場に肩入れをした宣伝ですし、あまり具体的で細かい事を書いた物はなく、現場でやってきた者の実感とは大分違います。

成婚率を出すには、その定義をどうするかという問題もあるのですが、それ以前に、実際にお世話をして、会員の交際状況や進行状況を把握している人間がいるという事が大前提になります。昨今は、大手結婚情報サービスに対して、小さくて良心的な結婚相談所の優位性があちこちで言われ広く認識されるようになりました。

ただし、小さい所というのは、ものすごくサービスの内容の幅が大きく、俗に言う悪徳相談所から、親身で良い相談所まで非常に差が激しいです。電話で無料相談を行っている場合には、一度電話で無料相談を行い、最適と思われる相談所を選ぶのも一つの手です。大事なことは、自分にあった相談所を見つけることでしょう。

↑ PAGE TOP