結婚相談所の事をもっと知ろう



お見合いは江戸時代から

近年の婚活ブームで各種の結婚情報サービスが脚光を浴びています。今ではインターネットを活用したサービスも多々ありますが、結婚相手を紹介するサービスといえば結婚相談所ですね。その歴史を見てみるとかなり古くから存在していたようです。 日本には古くから結婚を媒酌する仲人というものがあります。仲人が生まれたのは鎌倉時代の初期と言われています。当時、戦争で夫を失った女性に相手を紹介する仲人はれっきとした職業でした。これが我が国における結婚情報サービスの始まりではないでしょうか。 江戸時代の中期頃になるとお見合いという形がとられるようになります。男女それぞれに世話人が付いて、お見合いの場をセッティングしていたようです。これは今も変わりませんね。またこの時代に、慶安という人が結婚媒介業を始めたとされています。肝煎所と呼ばれていた江戸時代の結婚相談所は、階級を越えて多くの人たちに利用されていたようです。 現代の結婚相談所の始まりは1880年、明治13年とされています。発祥の地は大阪。当時は幕末の動乱で若い男性が減少していたこともあり、大盛況だったようです。人口の集中する都市部には独身者が多く、反対に地方では人口流出により若者が減少し、結婚相手探しが難しくなったことが背景にありました。 時代が昭和に入ると、あちらこちらに結婚相談所が設立されていきます。昭和8年には東京に公立の相談所が開設されました。本格的に増えていくのは第二次世界大戦後のことです。

結婚相談所の口コミと評判・体験談|比較ランキング最新版
ツヴァイの口コミ評判 パーティーの料金・費用

,結婚相談所選びは口コミを参考にして比較する

結婚相談所は多数あります。その中から自身に合ったところを見つけるのは簡単なことではありません。そこでオススメなのが口コミサイトの存在です。インターネットで各結婚相談所の口コミを確認することが出来ますし、比較することも出来ます。価格や対応の良さなど結婚相談所の比較をすることによって、自身に合った所を容易に見つけることが出来ます。口コミには良い面だけでなく悪い面も記載されていますので、比較するには最適です。

専業主婦は借金ができない?

2010年6月に大幅な貸金業法の改正があり、その際に新たに施行された法律の中のひとつが総量規制という法律になります。総量規制は借金の上限額を年収の3分の1の金額までに制限する法律となっており、貸金業者に対して無理な貸し付けを規制するためのものになっています。ここで問題になるのが、専業主婦の借入についてです。このことは一時期ニュースなどでも大きく取り上げられましたが、家計を預かることが多い専業主婦の方が、お金のピンチの際にお金を借りられないとなると、ますます深刻な状況を招いてしまうという危険性もあります。では、専業主婦の方が借入をする方法は本当にひとつもないのでしょうか。いいえ、そんなことは決してありません。闇金融などの危ない貸金業者を利用しなくても、安全な方法でお金を借りる方法はちゃんとあるんです。それは、最近テレビコマーシャルなどでもよく耳にする『銀行系カードローン』を利用するという方法です。銀行系カードローンは、実は消費者金融などとは異なり、総量規制の対象にはなっていません。そのため、従来通り専業主婦の方が利用することも可能です。審査の際には、基本的に配偶者の方の年収を申告し、借入可能額が決定されますが、配偶者の同意書や収入証明書が不要な場合も多いので、この場合においては配偶者に内緒でお金を借りることができます。また、最近では審査も大変スピーディになっており、即日融資が可能な銀行もありますし、金利の面でも全体的に消費者金融などと比較して低金利になっているので、この点でもうれしいですね。家計のピンチの際などにも大変役に立つ方法なので、ぜひ覚えておきましょう。

過払い金請求の口コミや費用へ
債務整理をする弁護士の評判 法律事務所の費用ランキング

債務整理で評判の法律事務所

いろいろ理由は有るにしても、もうこれ以上は借りられない、返済能力を超えてしまった、等の場合は債務整理を行って自らの生活を再生させる評判の方法があります。それには法律事務所の力を借りるのが一番です。債務整理で評判の法律事務所の力を借りて借金の処理をしましょう。債務整理の方法は、借りた金額の返済の度合いによって3つに分けられます。利息が免除される任意整理、借金した金額自体が減額される民事再生、借金の返済が不要になる自己破産です。借主の状況に応じて処理方法が変わりますので、法律事務所で弁護士に任せた方が良いでしょう。各法律事務所の評判や口コミはネット検索で簡単に見つかります。

債務整理、過払い金請求をする弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング